2008年01月23日

和宮(かずのみや)_04

天皇の仲立ちで和宮(堀北真希)皇女と熾仁(たるひと)親王との間に婚約が取り決められたとき、和宮(堀北真希)は6歳、親王は17歳だった。早婚の当時としてはそろそろ配偶者を迎えてもおかしく親王だったが、6歳の婚約者はいかにも幼く、あるいは有難迷惑だったかもしれない。

しかし和宮(堀北真希)としてはこれで一生埋れ木で過ごす恐れがなったことになる。当の和宮(堀北真希)は、まだ幼くて何とも思わなかっただろうが、母の観行院(かんぎょういん/若村麻由美)は喜び安堵したことだろう。

5歳の和宮(堀北真希)は、親王の父有栖川宮幟仁親王(ありすがわのみやたかひと)親王から習字の手ほどきを受けた。6歳になると、親王から直に和歌や漢詩を学び始めた。和宮(堀北真希)の終生の心の支えだった和歌は、婚約者が初めて伝授されたものだった

内では、母観行院(かんぎょういん/若村麻由美)や祖父実久(さねひさ)らの慈しみを受け、外では、兄の天皇からの厚い庇護を得て、和宮(堀北真希)は父のない寂しさも忘れて幸せだった。やがて執り行われる親王との婚礼を胸に描きながら、少女らしい日々を過ごしていた。
posted by 一 at 23:24 | TrackBack(0) | 和宮(かずのみや) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。